龙8娱乐官方网站

发表时间:2018-09-12内容来源:VOA英语学习网

アイルランドの言い伝えでは妖精や幽霊、魔物はありふれた存在である。この国の詩人イエーツは、そんな不思議な者たちとの付き合い方をこう説いた。両手を広げて迎えよう。消え失せろ、などと言わずにもてなせば、「それほど悪い目にあわないのではないだろうか」(「ケルトの薄明」井村君江訳)。 在爱尔兰的传说中充斥着妖精、幽灵以及魔物。该国诗人伊茨如此认为与这些不可思议的事物的交往。让我们张开双手欢迎它们吧。不要说什么给我消失,如果这样对待它们,“那么不会受到比这更糟糕的事情了。”(《哥特人的黎明》,井村君江译)

異界を抵抗なく受け入れる文化に、ハロウィーンの源流がある。死者が帰って来ると言われる収穫期、幽霊に変装して仲間のふりをし、食べ物を供えた。19世紀に移民を通じて米国に伝わり、盛んになった。

正是这不抵抗去接受异界的文化,成为了万圣节的起源。在死者回归的收获期,变装成为幽灵的同伴,然后献上食物。19世纪,通过移民来到美国,并流行起来。

それがここ数年、日本でにわかに広がっている。今年の市場規模はバレンタインに迫るとも伝えられる。不気味に笑うカボチャの橙色(だいだいいろ)は、すっかり季節の色になった。

日本在这数年间,也渐渐盛行起来。据传闻今年的市场规模已接近了情人节。一脸邪笑的橙色南瓜,就是当下这个季节的颜色。

もっとも楽しみ方は本場とやや違うようだ。欧米では主に子供の行事で、近所を歩いてお菓子をもらう。加えて日本流は、大人もはしゃぐ。

原本这种娱乐方式就与原来有所不同。在欧美,这节日主要是孩子的活动,他们走访邻居索要糖果。而日本则是大人也加入其中。

宗教社会学者の石井研士(けんじ)さんによると、戦後定着した行事には社会の変化が映し出されている。クリスマスは、台頭した核家族が幸せを確かめる機会になった。バレンタインの流行は、女性が消費の担い手として現れたのと軌を一にする。ハロウィーンはどうだろう。

根据宗教社会学者石井研士先生的说法,战后所定下的活动反映了社会的变化。圣诞节成为了刚出现的小家庭确认幸福的机会。而情人节的流行则是女性作为消费者出现的轨迹之一。那么,万圣节又将如何呢?

本番だった昨日、都内で目にしたのは、さながら路上仮装大会だった。魔物やヒーローに扮した彼らが言うには、自分ではない何者かになれるし、変身した者どうしの一体感が得られる。お手軽に使える魔法の力。それを時代が欲しているのだろうか。

昨天是该节的正日,在市内宛如看到了街头化妆大会。扮作其他的人物而非自己,能让人感到与变身的人物合体的感觉,扮作魔物和英雄的他们如是说到。能够轻易地使用魔法的力量。难道这就是当下这个时代所想要的吗?

来自:VOA英语网 文章地址: https://www.veryv.net/html/20180912/588392.html