龙8娱乐官方网站

发表时间:2018-07-11内容来源:VOA英语学习网

秦の始皇帝は皇帝になってから、一心に不老長寿を願っていた。東海に蓬莱(ほうらい)・方丈(ほうじょう)・瀛洲(えいしゅう)という三神山があって仙人が住んでいるということを聞き、方士を不老長寿不死の薬を探しに行かせた。最初に不老不死の薬を探す旅に立ったのは燕の国の人・盧生であった。盧生は碣石山、現在今の秦皇島から出発したが探しあてる、たどり着くことができなかった。今でも、秦皇島市内の東山公園には「秦の始皇帝が、仙不老不死の薬を求めたる出発地」とさ呼ばれる遺跡がある。1992年、ここに高さ6メートル、重さ80トンのみかげ石で作られた秦の始皇帝の彫像が立てられた。

盧生に次ぎ、徐福が始皇帝に派遣され、不老不死の薬を求める旅に立った。最初回の旅から戻ったでは徐福は不老不死の薬を見つけることはできなかったが、帰国後始皇帝に、「蓬莱の仙山に登って不老不死の薬を見つけたが、優れた男女と職人を連れて行かないと仙人が薬をくれない」と伝えた。秦の始皇帝は若い男女3000人のほか、優れた職人を選び抜して、徐福と共に不老不死の薬を探す旅に行かせた。2二回目の旅もで、徐福はまたもや失敗したが、竜と鯨に阻まれてたどり着けなかったと始皇帝に報告し、仙山に行くには優れた射手と最新の武器が要ると言った。三3回目の旅には秦の始皇帝自らが参加し、海上で大魚を自ら射たが、結局、不老不死の薬をがなおも見つけることはできなかった。結局、徐福はそのまま中国に戻らず、今の日本にたどり着き、富士山の麓で没したと言われている。

日本には、徐福にまつ関わる伝説やと記録が数多く伝わっている。徐福が日本史上で有名な神武天皇であるという説もあるほか、。日本には徐福のお墓、徐福宮、徐福岩、徐福上陸記念碑などの遺跡がまだ今も残っている。1991年に、日本の佐賀県諸富町には「徐福の道ロード」という公園が建てられた。現在も、毎年秋、には佐賀県の人々はが徐福に「初穂」をささげ、50年ごとに盛大な式典を行っている。

来自:VOA英语网 文章地址: https://www.veryv.net/html/20180711/572816.html